「経験」と「知恵」の蓄積が力 - 細田しげお後援会事務所 連絡先 〒690-0851 島根県松江市堂形町789 Tel&Fax 0852-26-8866

ごあいさつ

(2015年8月1日)

 4月の県議会議員選挙では、多くの県民の皆様のご支援をいただき、当選の栄に浴すことができました。なんといっても、後援会の方々をはじめ、皆さんが心を一つにして戦ってくださったお陰です。決して初心を忘れず、県政発展のために力を尽くしていく所存です。

 さて、私はこれから、日本の漁業、そして漁村に注目していきたいと思います。維持可能な漁業、漁村のあり方を探り、そして実現していくことは、島国という特徴をもつ我が国にとっては、歴史的かつ国民的な課題だろうと思います。

 とりわけ、人口減少時代に突入し、東京一極集中が進む我が国において、必然的に僻地にあることが多い漁村には、我が国の今日的な課題の縮図が見られます。

 私は、漁業問題については門外漢です。しかし、島根半島の山並みを超え、日本海の姿を目にするたびに、その美しさと厳しさに心を打たれます。

 具体的な課題を挙げてみます。

・水産教育の拡充
・沿岸漁業の振興
・漁業関連観光の振興
・漁村への定住促進、活性化

 一から勉強を積み重ねつつ、まずはこれからの1年間、水産県「しまね」における持続可能な漁業、漁村の実現に向けて、県政の場において努力していきたいと思います。

政策

  • 県行財政改革の推進
  • 観光産業振興とブランド化
  • 20万県都松江市の基盤強化と中海・宍道湖圏域の総合的発展
  • 中心商店街の活性化
  • 沿岸漁業の振興と漁村の活性化
  • 農水商工の連携と振興促進
  • 早急な高齢化対策と定住人口の増大化
  • 伝統文化の育成、強化
  • 新・旧エネルギーの点検、推進、創出

 県政を中枢でささえ、議会のキーマンとして「指導力」と「実現力」で負託にこたえます。

 行財政改革は正念場です。
 県政を最も知る男として、先頭に立ってやり遂げます。

 限られた財源の重点的・効果的な配分に務め、かつてない好調な波の観光ブームを活かしつつ、産業・経済・文化の活性化、教育・医療・福祉・高齢少子化対策など、課題の解決に向け、強い決断と臨戦態勢の対応を求めてまいります。

略歴

学歴

島根大学付属小、附属中卒
県立松江高校(現松江北高)卒
慶応義塾大学法学部政治学科卒

職歴

衆議院議員細田吉蔵秘書
昭和42年、県議会議員初当選以来、現在まで当選13回
昭和62年、県議会議長

党歴

自由民主党島根県連副会長、幹事長

現在

○議会関係
国際貿易振興議員連盟会長

○その他
社会福祉法人「若草福祉会」理事長
島根陸上競技協会会長
島根県体育協会副会長
城西地区体育協会名誉会長